自己分析でつい見落としてしまう盲点とは?

ども、わかしょうです!


これまでに【自己分析】については色々話してきました。


今回は他己分析についてです。

他己分析とは、自己分析の一つで、あなたのことを他人が見てどう見ているかと言う客観的な情報を引き出してより自己理解を深めていく分析のことです。


図にするとわかりやすいかもしれません。

上の図は【ジョハリの窓】と呼ばれる図で、横軸を自分、縦軸を他人として、自己理解のズレを合わせていくのを見える化したものです。


この図で言う、自己分析は、

「自分は知っている」「他人は知っている(知らない)」解放の窓・秘密の窓に当たります。


今回の他己分析と言うのは、

「自分は知らない」「他人は知っている」盲点の窓

にあたります。

ここを解き明かしてより自己分析を深めていきます。

他己分析のメリット

・自分自身が思いもよらなかったところの長所が見つかる

・自分では気づけなかった短所にも気づくことができて早い段階で改善することができる。

・客観的な情報になるので、自分自身にとってはより自信に結びつく、アピールするときの説得力が増す。

・自己分析とかけ合わせるとより濃厚な情報になる

他己分析を進めるには?

まず最初に質問内容についてです。

下に一覧を挙げました!

・自分の強み(長所)はどこか?

・自分の弱み(短所)はどこか?

・こういうことしたらさらによくなることってある?

・相手からみて自分の尊敬できる点があるとしたらどんなところか?

・みんな(大勢)でいる時って自分はいつもどんな役割か?

・最初初めて会った時の第一印象ってどんな風に感じた?

・自分の性格を一言で表すと?

・自分の仕事ぶりを一言で表すと?

・客観的にみて自分はどんな仕事に向いてそう?


次に、他己分析において欠かせないのが「話し相手」です。


■一番話し相手としてセッティングが楽なのは転職エージェントです。

転職活動を後押しする立場なので、エージェントさんを活用しない手はありません。
実はエージェントさんに長所を聞く大きなメリットが一つあります。

それは、関係が浅い人から見て自分はどう言う印象か?を聞くことができる点にあります。

特に第一印象。実際に面接時の採用担当者はほとんど初対面です。

その初対面の相手にどう言う印象が残るかと言う客観的な情報は貴重です。

第一印象で採用担当者の眼に映るあなたのイメージは今後の選考に

大きく影響を与えます。

下の図が面接官が第一印象でみるポイントを引用しました。

面接官は第一印象をとても細かく見ていることがわかります。

なので、転職エージェントさんには、上に挙げた質問内容とは別に、

エージェントさんからみる、

あなたの態度・仕草話し方表情・目線挨拶身だしなみ声のトーン・大きさ入退室は問題ないかも確認しておくと良いですね!


切り出し方としては、

相手からのヒアリングが一通り終わった後や、雑談の中で、

「エージェントさんから見て率直に自分の長所って何だと感じますか?」と率直に聞いてみるいいかもしれません。

意外にすんなりと教えてくれると思います。

また、1人のエージェントさんだけではなく、できれば複数のエージェントさんの意見を聞いてみることで、共通の強みが見つかったりして、あなた自身の長所により確信が持てるようになる可能性だってあります。


また、他己分析に関するワークショップがあれば参加してみるのも一つの選択肢です。


■次に話す相手としては友達です。

なるべく親友や距離の近い友達がいいと思います。

知り合い程度だと、気を遣って本音を話しづらいところもあるかもしれないので。


切り出し方としては、ここも率直に、

「今、転職活動中で、自己分析をしてるんだけど、自分のいいところってどんなとこだと思う?」

と転職活動中であることを前提に長所を引き出してもらうといいですね!


仲のいい友達だったらきっとサポートしてくれるでしょう!


■その次に相談するのが家族です。

家族って、あなたにとっては一番近い距離にいるので、むしろ今更自分の長所を聞くのってこっぱずかしいし、家族も急に何言っちゃってんの的な雰囲気になることもあります。笑


ですが、一番距離が近いからこそ、あなたのことをいいも悪いも一番知っている存在です。転職活動はあなたの人生を変える大きなイベント。

ここも思い切って、上で話した、転職活動中であることを前提に、自分自身の良いところを聞いてみましょう!


■もし聞ける関係であれば、会社の同僚・上司・部下にも聞いてみる。

一緒に働いている会社の人たちはあなたの働きぶりをよく見ていたりします。

なので、もし聞ける関係性なのであれば、それとなく聞いてみると良いですね!

仕事上でのあなたの役割適正向き不向きなどが聞けるかもしれません。

(転職活動を始める前提で話すとあまりよく思わない人がいる可能性ありますので、そこは注意しましょう!)

最後に、転職活動をより成功に近づけていくための準備として、外せないのが

とにかく【情報】です!


情報がないと転職活動を進める上で、不利になってきます。

情報=選択肢の幅

です。

その情報には当然自己分析(他己分析)も入ってきます。

できる限り情報を集め、よりあなたにとって最適だと思う選択肢をとっていきましょう!


後悔のない転職を!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたが求められていることを知る方法。

やりたいこと・向いていることをあぶり出す

最小限で得意なことを見つける方法

自己分析を人生レベルで落とし込む