やりたいこと・向いていることをあぶり出す

ども、わかしょうです!

今回は【3点自己分析法】のうちの一つ、「やりたいこと」のジャンルに入るのですが、

僕は「やりたいこと」と「向いていること」に分けて考えます。

次の仕事ですでにやりたいことがある方はやりたいことを

優先して転職活動を進めていいかもしれません。

でもそんな人は以外に多くなかったりします。

転職活動をしようか考えてて、でも踏みとどまっている人によくあるのが、

「自分に何が向いているかわからない」といったことです。

まずは仕事に活かせるかは置いといて、

ここでも、一回整理するためにノートとペンを用意して

思いつく限り紙に書いて整理してみましょう!

  • あなたがやりたいことは何か?
  • やってみたいと思うことはあるか?

例えば、

  • おしゃれなカフェを開きたい
  • 毎日サーフィンにいける生活を送りたい
  • クリエイティブな仕事をしてみたい
  • webマーケティングを学びたい!

など。

でも「やりたいこと」はそんな無理に探さなくてもいいです。

仕事で活かせるのは「やりたいこと」と言うよりも

【向いていること】

です。

向いていることと言うのは、

「あなたが人生の中で大切にしてきた価値観を仕事と言うフィルターを通して明確化したもの」

と言う位置付けになります。

つまり、向いている仕事というのは、

あなたの価値観≒会社の価値観

ということになります。

まずはあなたの価値観を明確にする必要があります。

まずあなたがあなた自身のことの価値観を見つけ出すワークは

別記事にあります^^

↓↓↓

ども、わかしょうです! 今回は自己分析をより人生レベルで深く落とし込む方法をお話しします! まだこちらの記事を読ん...

人生であなたが大切にしてきた価値観をより精度を高めるには

自分自身で掘り起こした自己分析だけでなく、

客観的にみて、あなたはどんな価値観の持ち主かを掘り起こしていく必要があると感じています。

とすると、

まぁ、友達とかに、

「自分ってどんな価値観?」って聞いてもいいんですけど、

なんか違和感感じるので、

自己診断ツールなどを使うといいです!

職業診断ツールとかでもある程度の

仕事上の適性は把握できるかもしれません。

ですが、ここはあなたが根本的に持っている価値観を

掘り起こしていく作業をする必要があるので、

あらゆる診断ツールを使い、診断ツールのそれぞれを見て

共通項のあることを

抜き出すワークをしていきましょう!

その共通項があなたの根本的な価値観である可能性が高いです。

そしてよりあなたの価値観と会社の価値観が近い会社

=向いている仕事

を見つけやすくなると思います^^

よりあなたにとって向いている仕事を見つける一助となればと。

それでは一つづつ診断ツールを紹介します!

僕がおすすめするのはどれもやったことのあるものであり、

基本的に無料でできます^^

エニアグラム

エニアグラムとは、ギリシャ語で「9の図」という意味の幾何学図形であり、この図形をシンボルとして発展した性格タイプ論です。それは人間を9つの基本的な性格に分類したもので、それぞれの性格の働きを描いた”こころの地図”と言えます。エニアグラムは少なくともギリシャ哲学に遡るルーツをもち、現代では心理学的研究が急速に進んで発展してきました。現在、もっとも効果的な自己成長のシステムのひとつとして、ビジネス、コーチング、カウンセリング、教育などのさまざまな分野に取り入れられています。
 
エニアグラムは、9つの性格タイプごとの世界観や動機、特性などについて、驚異的なまでの理解を可能にします。また、習慣的思考・感情・行動パターンについて、タイプごとにきわめて具体的に示してくれます。エニアグラムは、性格の自動的パターンからもっと自由になり、本来の自分の豊かさに触れ、成長していくためのものです。対人関係においても、性格の違いからくるすれ違いや葛藤に留まるのではなく、お互いを活かし合い、成長していくための助けになります。
 
ただし、エニアグラムのタイプは性格テスト等によって自動的に判別されるものではなく、実際の自分を知るプロセスが必要です。そのため、自意識よりも深いところで自分に出会う手法や、客観的に自分を理解したり、他者への理解を深めるためのグループワークが役立ちます。自分のタイプを探るプロセスそのものが、自己発見のプロセスであると言えるでしょう。
 

「エニアグラム研究所(E.I)」[日本]サイトより抜粋」

★診断はこちらから★

個性心理学(動物占い)

『ISD個性心理学ロジック』は、生年月日に隠された性格や能力等を統計学に基づいて分析・検証した分類データから成り立っています
大きく分けると3分類。これはアルゴリズム(太陽・月・地球の位置関係を数値化し、計算や問題を解決するための手順や方法)によって分類されたものです。さらに12分類・60分類・レール・リズムと、人の個性を細分化することで100万通り以上に分類されます。
これらは統計学が軸になっており「○年○月○日生まれの人は○○な考えが多い」「○○な個性の人が多い」という見方をします。
このデータから、更に個性を動物に置き換えてイメージ化したものが「12分類」「60分類」です。性格をキャラクターに例えて分類することで、行動パターンや特性などをより具体化しました。
またキャラクターサークルとは全く別の「レール」という分類で、さらなる細分化を図っています。ライフスタイルという位置付けで10種類に分類し、生きていく上での目的を明確にしたものです。どのキャラクターが何処に向かって生きているのかが分かる分類と言えるでしょう。

「ISDこ個性心理学」より抜粋

★診断はこちらから★

エレメンツコード

エレメンツコードについて個人的に情報の密度が濃く、

有料版(5,000円)で無料診断の結果をもとに開発者がお手製で

個人的に詳細診断してくれます!

僕自身も有料版までやってもらいました^^

→エレメンツコードについて

★無料診断はこちら★

参考書籍

●体癖論


体癖は、持って生まれた気質・感受性・行動の個性を、身体運動の傾向(クセ)を起点に10のタイプに分類したものです。


体癖の特徴は、性格や行動パターンだけでなく、物事の受けとり方(感受性)のクセ、身体的な特徴、運動傾向まで幅広くカバーしていることです。また、それを骨盤や腰椎の運動特性から一貫して説明しています。


野口晴哉(はるちか)という野口整体を創始した整体の大家が自らの整体の施術の中でまとめたものです

「カウンセリング&感情ヒーリングより抜粋」
「カウンセリング&感情ヒーリングさんより抜粋」

●関連書籍

内容は少し難しいですが、整体論の観点からあなたの特性を導き出すものです。

●【メモの魔力】前田裕二著

書籍の内容も非常に参考になるのですが、

こちらの書籍の巻末付録で

【自分を見つける1000問】

があります!こちらをぜひ活かしてみてください^^

●【ピンチをチャンスに変える51の質問】本田健著

今まで考えたこともなかった、とても刺激的な質問のオンパレードです^^

例として、

  • 最高の人生をスタートするために今からできることは?
  • 10年前の自分に言ってあげたいことは?

など。

あなた自身にどんな質問を投げかけるかによって、

人生の質が変わると感じてます^^

質の高い質問が、質の高い人生を創る。

Quality questions create a quality life.

アンソニー・ロビンズの名言より

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたが求められていることを知る方法。

最小限で得意なことを見つける方法

自己分析でつい見落としてしまう盲点とは?

自己分析を人生レベルで落とし込む